クルテク宇宙に行く

arenot staff blogをご覧の皆様、こんにちは!

 

残暑厳しい折、いかがお過ごしでしょうか。

 

お盆を過ぎると、いよいよ秋めいてくる!かと思いきや、まだまだ暑い日が続いていますね。

 

さて、arenot全店ではただ今ムーミンフェアが行われ連日大好評を頂いております。

 

長きに渡り愛されるキャラクターに国境はありません。

 

 

 

 

こちらものキャラクターも世界中で大人気。

 

krtek.jpg

 

 

!!チェコ生まれの大人気キャラクタークルテク!!

 

 

このクルテクが国境を越えて、ついには宇宙に飛び出したのご存知ですか。

 

「エンデバー」に搭乗する宇宙飛行士のひとり、アンドリュー・フォイステル(Andrew Feustel)さんがごく限られた私物を宇宙へ持っていく荷物のひとつにクルテクを選んだのがことのはじまり・・・。

 

その理由についてアンドリューさんは

 

「子どもから大人までを惹き付けるアイテムを持っていきたいと思っていました。クルテクは、まさに幅広い世代を夢中にさせているものですから」と語っています。

 

 

その後、宇宙から帰って来たアンドリューさんは、 

作者であるミレルさんを表敬訪問されました。

 

DSC_8877-2.jpg

 

ヌイグルミを2個(1個は19cmのハンドパペット、もう1個は14cmの青いニットキャップを冠ったクルテク)スペースシャトルで宇宙に連れて行っていたフォイステル宇宙飛行士。

その事は内緒にされていて、ミレルさんに青いニットキャップを冠った方がサプライズでプレゼント。

DSC_8910-1.jpg

ミレルさんからフォイステルさんには、1992年に描かれた『クルテクとロケット』のオリジナルの絵がプレゼントされました。

DSC_8955-1.jpg

とても楽しいひと時で、1時間半もの間、話題が尽きなかったと聞いています。




 

実は、宇宙飛行士たちは、ごく限られた私物しか宇宙へ持っていくことが出来ません。

しかも、宇宙飛行士ひとりひとりが持ち込める重量には制限があるため、

彼が持ち込むクルテクのパペットは、チェコのぬいぐるみを作る会社に依頼し、

特別に、軽くて小さいものを作ってもらったものを宇宙船に持ち込んだのです。

 

 

そこまでして連れて行きたかったクルテク。

 

ファンならずともわくわくしてしまうエピソードですね。

 

arenotではクルテクをはじめとした、おなじみの仲間たちのキャラクターアイテムを取扱っております。

 

特にわたしが大好きなのが、

 

HARINEZUMI.jpg

 

ハリネズミ!!

 

KEY CHAIN hedgehog

¥1,239

 

 

 

 

愛し過ぎる頬紅と、もふもふした毛並み・・・

キュッと上がった口角にもうメロメロです!!

 

是非、arenotでお気に入りのキャラクターを手に取り、宇宙への思いを馳せてみて下さい。

 

皆さんのご来店、お待ちしてます!